韓国の中学3年生、志望高校選択とややこしすぎる高校の種類について

韓国の中学3年生、志望高校選択とややこしすぎる高校の種類について

こんにちは。コリアンライフ(@koreanlife007)です。

私の娘は中学3年生なんですが、ついに学校から志望高校を選択し提出しなさい、というプリントをもらいました。

そのプリントを見て、正直戸惑ったのでブログに書き留めておきます。

今後、韓国で子育てをしていく方もご参考になさって下さい。

まず、もらったプリントはこれです。

진학 희망 고등학교 프린트

娘が学校からもらってきたプリント

地域内で、うちの子が行ける高校がだ~っと書いてあります。

ざっと39校!!

こんなに高校ってあるんだ!というのが正直な感想です。

そして外国人の私にはその高校一つ一つがどういう評判なのか、全くわかりません。

夫は韓国人ですが、夫の情報は30年以上も前のものなので、あまり頼りになりません。

 

まず、この高校一覧表の分け方が気になりました。

なんかややこしい!!

まずこの平準化と非平準化と分けてあるのは何なのか?

高校の種類。

公立高校と私立高校。

・・・調べてみました。

 

 

平準化高校、非平準化高校とは

・平準化高校 (평준화고등학교) :地域別に学生を抽選 (뺑뺑이) で配分する高校

・非平準化高校 (비평준화고등학교) :学校別に学生を選ぶ方式の高校

現在はなくなりましたが、韓国はかつて日本のようにペーパー試験での高校入試がありました。

それで試験をパスした子しか入れない、レベルの高い高校が存在しました。

その高校の名残で、一般高校であっても学校独自に生徒を受け入れる非平準化高校 (비평준화고등학교) が存在します。

現在はペーパー試験がないので、内申点数のみで合否が決まります。

多くの学生は平準化高校で、内申点順に抽選によって高校が配分されます。

内申点が高い場合は希望通りの高校に行けますが、内申点が低い場合は、人気のない遠い高校になってしまいます。

 

 

一般高校、自律型高校、特殊目的高校、特性化高校…ややこしい高校の種類

韓国のママさんたちはこのような昔の言葉で高校を言いわけます。

・인문계(人文系):普通科高校

・실업계(実業系):商業・工業・農業系高校

 

でも最近の高校の種類は昔と異なり、大きく分けて4種類となります。

・일반고(一般高校):日本で言う普通科の高校

・자율고(自律型高校):自律型私立高校と自律型公立高校があります。教育制度の改善と発展のために特に必要があると認められた場合に、学校または教育課程を自律的に運営できるように指定·告示する高校。

・특목고(特殊目的高校):特殊分野の専門的な教育を目的とする高校。科学高校、外国語高校、芸術高校、国際高校、マイスター高校があります。

・특성화고(特性化高校):商業系、工業系、農業系の高校

※ここで全国の高校が探せます

韓国の教育部が運営するサイトHiFiVE >>

 

国立、公立、私立高校の学費

学費が高いのは、頭のいい子が通うレベルの高~い高校のみです。

一部の自律型私立高校と特殊目的高校ですが、学校によって違うので調べてみなければなりません。

その他の高校は私立でも公立でもほぼ変わりません。

 

 

それで一番通いやすそうな近くの一般高校を書いたら、「ここはレベルが低いから隣のB高の方がいいよ」と友達にアドバイスされたというのです。

急いで提出直前にB高に変えました。

同じ一般高校でもレベルが微妙に違い、評判などは地元民しかわからないというのが辛いところです。

こんなんでうちの子は希望の高校に行けるのでしょうか。