プロデュースどころじゃないかも!韓国音楽チャートねつ造問題

プロデュースどころじゃないかも!韓国音楽チャートねつ造問題

テレビ番組「그것이 알고 싶다 (それが知りたい)」の新年一発目の内容があまりにも衝撃的だったので、さっそくブログにまとめてみました。

タイトルは「ねつ造された世界 音源買いだめか? バイラルマーケティングか?」

あまりに衝撃的すぎる内容でした。

 

韓国音楽チャート操作問題

それは、歌手닐로(ニイロ)지나오다」という曲から始まったといいます。

この歌手は今までテレビにも出たことなく、全く無名の歌手だったのですが、

いきなり音楽チャート(melon, genie)1位になったのです。

所属事務所はSNSの反響で1位になったといいますが、顔も名前も知らない歌手が、曲がいいというだけで1位になれるものでしょうか。

この時、多くの人がねつ造を疑ったといいます。

 

ある歌手の爆弾発言

決定的だったのは、歌手박경(パクキョン)さんのツイート。

 

바이브처럼 송하예처럼 임재현처럼 전상근처럼 장덕철처럼 황인욱처럼 사재기좀 하고싶다^^;;

バイブのように、ソンハイェのように、イムジェヒョンのように…(省略)買いだめしたい。

というツイートだったんですが、これで音楽チャートの사재기(買いだめ)問題が浮上します。

実際にこれらの歌手は(バイブだけは知名度がありますが…)知名度がないのに急上昇し、長期間ランキングに入っているというのです。

この事件は今、捜査中で法的処置を検討中ということですが、共通して言えるのが、

芸能事務所はどこもマーケティングをマーケティング会社に一任しているということです。

 

歌手の証言

ある業社から順位ねつ造の話を持ち掛けられた、という歌手が実際にいたのです。

술탄 오브 더 디스코(スルタンオブザディスコ)

出典 https://www.ytn.co.kr/_sn/1406_202001050045019660

バイラルマーケティング(Viral marketing)するという業社が現れ、チャート順位をねつ造できると持ち掛けられたそうです。

 

타이거JK(タイガーJK)

 出典 https://www.yna.co.kr/view/AKR20200105016600005

ある業社から5年前、1億ウォン払えば、音楽チャート1位にするという話をされたというのです。

そして奥さんの윤미래(ユンミレ)さんもねつ造被害にあったという話。

ミレさんの新曲が発売された日に、わざと似たような曲調の歌手3人が新曲を発売する。

そしてミレさんをチャート1位にならないようにされたことがあるという証言。

 

말보(マルボ)

出典 http://news.zum.com/articles/57289419?cm=popular

ある業社から、お金と引き換えに音楽チャートねつ造の話をされました。

そして曲をバラードにし、10代~20代が共感できる歌詞、カラオケで歌える歌に変えるように提案されたそうです。

1位になるには3億~3億5千万ウォンだと言われました。

・・・そういえば、韓国の音楽チャートはバラードが多いですね。

 

どうやってチャート1位にするのか

追跡した結果、専門のマーケティング代行業者がいたのです。

マーケティング会社の下請け会社がこのような行為を行っていました。

メクロプログラムというプログラムを使って、パソコンを自動再生させていました。

つまり機械が音楽を聞いていたのです!

https://programs.sbs.co.kr/

パソコン1台で10台ぶんくらいの自動再生ができます。

韓国の音楽サイト「melon」「genie」はログインとパスワードがないと音楽を聴けません。

音楽再生に必要なログイン、パスワード、IPアドレスまでをお金で買って(これは不法行為!)、

数万人もの人が曲を聴いたことにしていたのです。

https://programs.sbs.co.kr/

 

SNSで拡散

この人達はフォロワー数が多いアカウントをいくつも持っています。

そして、いい曲だったから聴いてみて!と、

まるで本当にいい曲を聴いたかのように拡散させていくのです。

韓国では特にフェイスブックでこの手法をやっているそう。

 

カバー曲

Aという歌手がいたとします。

Aの新曲が出るに合わせて、「Aの新曲を聴いて、よかったから歌ってみた」というふうに、

Aの曲を歌っている姿を撮って、SNSに載せるというのです。

それを歌手Aの新曲が出る時期に同じように、3人ほどがカバーしSNSに載せます。

そしてSNSで拡散したかのように見せかけて、ねつ造を行うというわけです。

 

音楽チャート以外にもねつ造

関係者によると音楽チャート以外にもねつ造可能だというのです。

それはNAVER検索順位リアルタイム検索語など、

お金さえ払えばいくらでもねつ造可能な時代だというのです。

実際に選挙前によく利用されているそうです。

 

なんか衝撃的な内容すぎて、言葉を失いました。

実際に、以前働いていた会社では「genie」という音楽サイトのストリーミングを流していたのですが、

みんなで「なんかこのサイトは若い人向きだよね~」とよく話していたんです。

実際知らない曲がチャートの上位にきてたり・・・

単に世代の違いで知らない曲が多いんだと思ってました。

でもこの番組を見て、あ~こういうことだったのかと謎が解けた感じです。

オーディション番組「プロデュース」のねつ造問題が大きなニュースとなりましたが、そもそも音楽チャート自体もねつ造だとすると、何を信じていいのでしょうか?

今ヒットしている曲は本当にいい曲だからヒットしているのか、それともみんながいいというからなんとなく聴いているのか・・・

せっかくいい音楽があっても人が聴かずに、機械が聴いているなんて悲しい話です。