韓国で働くためにまずは「手に職を付ける」

韓国で働くためにまずは「手に職を付ける」

私が韓国で働きたいと思っている人たちに言いたいのは、「手に職を付けてから韓国に来て!」ということです。

何度も言うようですが、日本語を生かしての仕事はあまりありません。

あっても、若くて韓国語ペラペラの人しか、採用しません。

 

若いうちに手に職を付けて

よく、子育てが一安心してから職を探す人がいますが、それってもう遅いんですよね…

30代前半はまだあるでしょうが、さすがに30代後半ともなると、事務職なんかは皆無に等しいです。

でも、手に職があるならば、話は別です。

私が羨ましいと思うのは美容師さんとか。

だって世界中どこに行っても、技術さえあれば、ハサミ一つで食べていけますよね。

だから、海外でも通じるその何かを身に付けてから来るべきです。

 

お薦めの職業

その手に職を付けての「手に職」ですが、やはりプログラマーはお薦めです。

技術があれば、それほど言葉が必要ではないですし、デザイナーよりも収入はいいですし。

ウェブデザイナーグラフィックデザイナーも手に職といえば、そうですが、プログラマーよりは安いんです。

自分でお店を持てるなら、美容師ネイルアーティストもいいですが、普通に働くなら収入はとても低いそうです。

調理師もいいと思います。

看護師は、こちらでまた試験を受け直さなければならず(韓国語で)、難しいようです。

教職があるなら、外国語高校の日本語教師という道もあります。

 

いずれにせよ、韓国に来る前に、あらかじめ準備をして来ることがいいでしょう。

もう韓国に来てしまったら、今からでも遅くはありません。自分で投資して何かを身に付けたらいいと思います。