韓国で働くためのスキル

韓国で働くためのスキル

韓国で働くといっても、ビザによって境遇はさまざまです。

ビザ発給してくれる会社はごくわずかしかありませんが、「外国人」として採用するため、条件に韓国語能力試験6級が必要とされているかもしれません。

でも結婚移民者を受け入れてくれる会社は、ビザ発給しなくていいため、韓国語能力試験はほぼ見ません。

能力試験は必要ないですが、ほぼ「韓国人」として見るため、6級レベルの韓国語は当たり前として捉えられています。

そういった意味で、韓国語能力はどんなビザであっても必要だということになります。

 

最低限必要なスキル

私が実際に働いてみて必要だなと感じたことです。

・韓国語(ビジネスレベル)

・パソコン「ハンコム」「エクセル」「パワーポイント」

・スピード

韓国語レベルは電話受けできるくらいのレベルが必要です。

電話を受けたら、聞き取り、メモすることができるレベルです。

これがなかなか難しかった…

早口だったり、お年寄りの聞き取りにくい韓国語とか、方言とか。

 

またパソコンの文書作成はハンコム(한컴오피스)というプログラムをよく使います。

書類作成はほぼこのプログラムを使ってました。

せっかちな人が多い韓国は検索のスピードや、キーボードを打つ速度も恐ろしく速いです。

 

あなたの得意な何か!

これが一番重要です。

あなたの得意なことです。

プログラミング、デザイン、イラスト、マーケティング…何でもいいです。

海外ですから日本の資格は何の役にも立ちません。

資格はなくとも、持っている技術が海外でも通じるものであれば、それは武器となります。

 

まずは準備を!

韓国で働きたい思うなら、まずはそれに合った自分になること。

準備が必要です。

パソコンソフトのスキルが足りないなら、パソコン教室に行きましょう。

語学が不足ならば、韓国語教室に習いに行きましょう。

近くに習えるところがないなら、動画から学んでみましょう。

私もわからないことは動画からよく学びます。

パソコンさえあれば何だってできる時代です。

いかに有効な情報をいちはやく得られるか、情報検索能力も必要なスキルの一つです。

とにかく、努力なしには海外で働くことは不可能です。